彩雲堂(サイウンドウ)の末 喜晴(スエ ヨシハル)と申します。

「萌えより燃え」、「暑苦しいほどに熱く」をテーマに、

妖怪や幽霊が出てくる小説を書いております。

 


お知らせ

2109年2月17日、コミティア127に参加します。ブースは「て45a」となります。

 

今回新刊はなく、ラインナップは文学フリマと同じとなります。

 天狗の眼(上):600円

 天狗の眼(下):700円

 ミスターゴーストハンター:500円

 虚空の鉄腕:500円

 

皆様、お会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

11月25日(日)に 文学フリマ東京 に参加いたしました。

 

新刊「ミスター・ゴーストハンター」はまさかの売り切れ。こんなに買ってもらえるなんて思ってもみませんでした。お買い上げいただきました皆様、誠に有難うございます。私の作品がお楽しみいただけましたら幸いです。

 

今回は病を経て4年ぶりのイベント復帰でしたが、予想以上に沢山の方に来ていただけました。感謝感激です。

4年前に拙作をご購入いただき、新作を待っていたとわざわざ買いに来ていただいたN様には、特に深く感謝いたしております。話下手なのであまりお話もできませんでしたが、これに懲りずまた彩雲堂にお寄りください。お待ちしております。

 

次回のイベント参加ですが、2019年5月の第二十八回文学フリマ東京は参加を決めております。それまでには新刊を何とかしたい。「天狗の眼」の上巻と下巻の間の話を書こうかと思ってます。「天狗の眼」上巻バージョン1.5みたいな感じです。

 

また2月のコミティア127にも参加を検討しております。新刊は無理っぽいので、今回の文フリと同じラインアップとなると思います。

 

今一度、第二十七回文学フリマにて、拙作をお買いあげいただいた皆様に厚く御礼申しあげます。作品中にお見苦しい点もあるかと思いますが、何卒ご容赦ください。

 

ではまた、私の作品があなたの目に留まることを願って。

 

11月26日